csvからエクセルに転記し、PDFに変換して保存する

csvから必要な情報を読み取り、エクセルの指定箇所に転記するシナリオです。
転記後はPDFに変換して保存します。

・使用するコマンド
エクセルコマンド(エクセル専用コマンド)、ショートカットキー
・使用するソフト
エクセル

エクセルでオートサムを使用したい

エクセルでオートサムを使用する場合のサンプルです。ショートカットキーを使用し、設定を行います。

・使用するコマンド
エクセルコマンド(エクセル専用コマンド)、ショートカットキー
・使用するソフト
エクセル

エクセルでセルが空白になるまで同じ動作を繰り返したい

エクセルでセルの値を取得し、セルが空白になるまで同じ動作を繰り返したい場合に使用できるサンプルです。
サンプルでは、エクセルB列に駅名が書かれている限り、C列に○と入力する動作を繰り返します。B列の駅名欄が空欄になったら動作を終了します。

・使用するコマンド
エクセルコマンド(エクセル専用コマンド)、分岐(文字列比較)、繰り返しを抜ける
・使用するソフト
エクセル

エクセルの交差する行と列の番号を指定しセルを選択

行と列を別々に検索し、交差する行と列の番号のセルを選択します。

・キーボードショートカットキー:ctrl+f =セルを検索

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、文字列抽出(ルールにマッチ)、ショートカットキーを入力、キーボード入力(文字)、${}

エクセルの「読み取り専用で開く」を解除したい

読み取り専用が推奨設定となっているエクセルを開く際に、読み取り専用で開く設定を解除するサンプルシナリオです。
一度、ファイルを開くコマンドを使用してエクセルファイルを開き、ショートカットキー操作で読み取り専用で開く設定を解除します。解除後、エクセルブックを開くコマンドを使用して同じエクセルファイルを開くことで、読み取り専用で開く設定を解除した状態でエクセルファイルを開き、使用することが可能となります。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、ファイルを開く、ショートカットキーを入力、エクセルブックを開く
・使用するソフト
エクセル

1週間分のワークシートを土日を除き作成する

今日を起点に土日を除き、1週間分のワークシートを新規作成します。
サンプルシナリオでは、曜日を記憶を文字列比較し、「土日」を除き新しいワークシートを作成しています。

・使用するコマンド
日付を記憶、曜日を記憶、エクセル専用コマンド、文字列比較、${}

エクセルコマンドの値を取得を使用し、セルに数値が記入されている欄の値を取得すると、「1.0」のように、小数点以下の「.0」が追加されてしまう

バージョン1.4.1より、表示形式が標準設定のセルの値(整数)を取得した際に、小数以下「.0」部分を取得しないよう修正が行われております。
ご使用のアシロボのバージョンをご確認いただき、可能であればバージョンアップをお願いいたします。
バージョンアップが難しい場合は、記憶コマンドの計算を使用し、「-0.0」する計算を行っていただきますと、整数に直すことができます。

エクセル参照IDを子シナリオへ引き継ぎたい

現在、機能開発を進めております。実装まで今しばらくお待ちください。

パスワード設定されているブックを開く

パスワード設定されているエクセルファイルを開くシナリオです。
サンプルシナリオでは、「実行中に入力」コマンドを使用し、パスワードは人が都度入力するシナリオにしています。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、ショートカットキーを入力、待機(秒)、キーボード入力(参照ID)、実行中に入力、${}

パスワードをかけて保存する

保存する際に、エクセルブックにパスワードを設定します。
サンプルシナリオでは、「実行中に入力」コマンドを使用し、パスワードは人が都度設定するシナリオにしています。
※ご使用のエクセルのバージョンによっては、ショートカットキー割付けが異なり、そのまま使用出来ない場合があります。

・キーボードショートカットキー:[alt+f] =エクセルのファイルを指定
・キーボード入力(文字):[ipe] =情報→ブックの保護→パスワードを使用して暗号化

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、ショートカットキーを入力、待機(秒)、キーボード入力(文字、参照ID)、実行中に入力、${}