対象フォルダの有無を確認し、無ければその都度フォルダ作成を行いファイルを移動する

対象フォルダに先月分のフォルダ(例:2020年03月分)の有無を確認します。あれば下層フォルダの有無を確認、無ければ先月分のフォルダ(例:2020年03月分)を日付を記憶(営業日)を使用して作成します。
先月分のフォルダ(例:2020年03月分)の下層の「制作」フォルダの有無を確認します。あれば対象ファイルをそのフォルダに移動、無ければ同様に「制作」フォルダを作成します。
サンプルシナリオでは、無限ループを使用することで、最終的にファイル移動が完了するまで処理を行います。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、日付記憶(営業日)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイル・フォルダの有/無を確認、ファイルを移動(参照ID)、繰り返しを抜ける、フォルダを開く(固定フォルダ名)、ショートカットキーを入力、キーボード入力(文字)、${}

フォルダの切り替え

指定したフォルダを開いた後、別のフォルダを開き、フォルダを切り替えて行き来するシナリオです。
サンプルシナリオでは、A アプリ・画面 最前画面を覚える・切り替え(参照ID)・切り替え(名前)を使用して切り替えています。キーボードショートカットキー:[alt+tab]でも切り替えが可能です。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、フォルダを開く、最前画面を覚える、最前画面切り替え、画面切り替え(名前)、待機(秒)、${}
・使用するソフト
なし

フォルダの移動

指定したフォルダを別のフォルダに移動するシナリオです。
「ファイル・フォルダ名の変更」コマンド内の設定で、同じ名前のファイルがあった場合、上書きする・強制終了するなど細かな設定が可能です。
※フォルダの場合、上書き設定にしても、同じ名前のフォルダが移動先フォルダに既にあるとエラーになります。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、ファイル・フォルダ名の変更、${}
・使用するソフト
なし

フォルダ内に新しいフォルダを作成し名前を付ける

指定したフォルダ内に新しいフォルダをキーボードショートカットキーを使用し作成し、任意の名前をつけるシナリオです。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、フォルダを開く(固定フォルダ名)、ショートカットキーを入力、キーボード入力(文字)、${}
・使用するソフト
なし

フォルダのコピー、削除

指定したフォルダまたはファイルを対象のフォルダにコピーします。続行確認コマンドを使用して、OKを押すまで待機、OKボタンを押すとフォルダを削除します。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、ファイル・フォルダをコピー、続行確認、ファイル・フォルダを削除、${}
・使用するソフト
なし

フォルダを開く

指定したフォルダを開きます。
※E 記憶 環境情報コマンドと組み合わせて使用すれば、C:\Users\${ユーザ名}\Documents\assirobo_demo のように端末毎に可変する設定情報にも対応ができ、シナリオのエクスポート/インポートの際に修正作業が無く非常に便利です。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、フォルダを開く、${}
・使用するソフト
なし

日々追加されていくフォルダを開く

毎日、日付名「yyyymmdd」で作成されるフォルダを開くシナリオです。
サンプルシナリオでは、日付を記憶コマンドと${}を組み合わせることで、毎日日付を書き出し、その日の対象フォルダを開きます。

例:
C:\Users\${ユーザ名}\Documents\assirobo_demo\${yyyymmdd}  ←実行日の日付

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報、文字)、日付を記憶、フォルダを開く(固定フォルダ名)、${}
・使用するソフト
なし