参照ID分岐

データ参照ID(変数)同士を比較して分岐処理を行うシナリオです。
サンプルシナリオでは、エクセル帳票の対象の列が「空のセル」になるまで、繰り返し処理と分岐処理を行います。「空のセル」がデータ参照IDに記憶されたら、繰り返し処理を抜けます。
毎回変動する行数に対して繰り返し処理を行いたい場合などに応用できるシナリオです。

・使用するコマンド
データの記憶(文字)、データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、繰り返し(回数)、参照ID比較、繰り返しを抜ける、数値比較、${}
・使用するソフト
エクセル