昨日の日付を呼び出す

昨日の日付を指定した日付形式で記憶します。日付入りのファイル名を作成する際などに使用します。
日付を記憶コマンド内の設定で、当日の日付から±7日、日付の表示形式、先頭の「0」削除など細かな設定が可能です。

例:
「04月01日」だった場合、先頭の「0」削除設定にすると、「4月1日」と書き出します。

・使用するコマンド
日付を記憶、アプリ起動、キーボード入力(参照ID)
・使用するソフト
なし

クリップボードへコピー

データ参照ID(変数)を使用せず、記憶させたい文字列を直接PCのクリップボードへコピーを行い書き出します。

・使用するコマンド
アプリ起動、クリップボードへコピー、ショートカットキーを入力、データの記憶(文字)、${}
・使用するソフト
なし

環境情報の記憶

データの記憶(環境情報)を用い、PCの各種環境情報を記憶させ呼び出します。${}と併せて使用する事で、フォルダやファイルを開く事も可能です。環境情報を使用すれば、シナリオをエクスポート/インポートした際でも、ディレクトリパスの修正作業が不要になります。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、アプリ起動、キーボード入力(文字)、フォルダを開く(固定フォルダ名)

当月内の第2月曜日を呼び出す

日付を記憶(曜日)を用い、当月の第2月曜日を呼び出します。休日曜日も任意に設定が可能です。
日付を記憶(曜日)コマンド内の設定で、対象月・第何週・曜日・休日設定、取得曜日が休日時、前倒し・後倒し、日付の表示形式、先頭の「0」削除など細かな設定が可能です。

例:
「2019/12/01」だった場合、先頭の「0」削除設定にすると、「2019/12/1」と書き出します。

・使用するコマンド
日付を記憶(曜日)、アプリ起動、キーボード入力(参照ID)
・使用するソフト
なし

高度なデータ参照IDで演算

高度なデータ参照IDの呼び出し方${}機能と計算結果を記憶コマンドを用い、シナリオ内で繰り返し計算を行い、計算結果を都度書き出します。
サンプルシナリオでは、最初にデータの記憶(文字)に「1」を記憶させ、繰り返しコマンド内の計算コマンドを使用し、繰り返す度に「+1」して、1~10までの数字を書き出しています。

・使用するコマンド
データの記憶(文字)、アプリ起動、キーボード入力(文字)、繰り返し(回数)、計算結果を記憶、${}
・使用するソフト
なし

複数のデータ参照IDの呼び出し方

キーボード入力:参照IDでは、記憶した参照IDを1つずつしか呼び出せませんが、高度データ参照IDの呼び出し方「${}」機能では複数のデータ参照IDを一度に呼び出すことが出来ます。
※存在しないデータ参照IDを「${}」機能で呼び出した場合、エラーなどにはならず、${xxxxx} とそのまま書き出されます。

・使用するコマンド
データの記憶(文字)、アプリ起動、キーボード入力(文字)、${}
・使用するソフト
メモ帳

実行中に入力

全てアシロボRPAが作業するのではなく、IDやパスワードなど、人が入力を行った文字列を記憶し、その入力データを書き出すシナリオです。

・使用するコマンド
アプリ起動、実行中に入力、キーボード入力(参照ID)
・使用するソフト
メモ帳

コピー内容を記憶し呼び出す

エクセルや日常のパソコン業務で、[ctrl+c] のショートカットコピーを利用して、コピー内容を記憶し、[ctrl+v]で貼り付けすることがありますが、アシロボでは複数のコピー内容を記憶することができます。また、その記憶した内容を、後から呼び出して書き出すことが可能です。エクセルの2つのセルを記憶し、メモ帳に書き出すサンプルシナリオです。

・使用するコマンド
データの記憶(コピー内容)、キーボード入力(参照ID)
・使用するソフト
エクセル、メモ帳

前月の最終営業日を呼び出す

前月の最終営業日を記憶します。休日設定は営業日に合わせて任意に設定できます。
日付を記憶(営業日)コマンド内の設定で、対象月・営業日の設定・休日設定・日付の表示形式、先頭の「0」削除など細かな設定が可能です。

例:
「04月29日」だった場合、先頭の「0」削除設定にすると、「4月29日」と書き出します。

・使用するコマンド
日付を記憶(営業日)、アプリ起動、キーボード入力(参照ID)
・使用するソフト
なし

今日の日付を呼び出す

本日の日付を指定した日付形式で記憶します。日付入りのファイル名を作成する際などに使用します。
日付を記憶コマンド内の設定で、当日の日付から±7日、日付の表示形式、先頭の「0」削除など細かな設定が可能です。

例:
「04月01日」だった場合、先頭の「0」削除設定にすると、「4月1日」と書き出します。

・使用するコマンド
日付を記憶、アプリ起動、キーボード入力(参照ID)
・使用するソフト
なし