フォルダ内にある全てのファイル名を抽出する

対象フォルダ内で、指定した拡張子のファイル名のみをフォルダ内ループ処理で書き出します。指定していない拡張子のファイルは書き出されません。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、アプリ起動、ファルダ内をループ、ファイル・フォルダ名抽出(ファイルパス)、キーボード入力(参照ID)、${}
・使用するソフト
なし

ダウンロードした最新ファイルを参照IDを記憶し移動する

指定したフォルダ内の最新ファイルを別のフォルダに移動するシナリオです。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダ名を取得、ファイルを移動(参照ID)、${}
・使用するソフト
なし

ファイル保存で既に同名のファイルがあった場合の回避

ファイルの保存をした時に、同じ名前のファイルが存在するという「エラーメッセージ」が出た際、そのメッセージ画像を「G画像分岐」で探して、画像があれば別の名前をつけて保存し、画像がなければそのまま保存を行うというシナリオです。

・使用するコマンド
分岐:画像、ファイルを開く
・使用するソフト
エクセル

ファイルを上書き保存

任意の場所に保存されたファイルを開いたのち、編集操作を行った後に上書き保存をするシナリオです。エクセルコマンドを用いた上書き保存と、キーボードショートカットキー[ctrl+s]を用いた上書き保存の2種類をご案内しています。

・使用するコマンド
エクセル、ファイルを開く
・使用するソフト
エクセル

自動返信メールを作成する

メールコマンドを利用して、指定した「件名」「送信者」「受信者」「本文」が含まれる(もしくは含まれない)メールが届いた際に、送信者に自動返信を行うというシナリオです。
サーバー情報の詳細については、社内のメール管理者様へお問い合わせください。なおメールサーバーによっては、稼働できないものもございます。GMAILで稼働させる際は、IMAP許可の設定と、アプリの許可設定を事前に実施してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・セキュリティの低いアプリの許可
https://myaccount.google.com/lesssecureapps
・IMAPの許可
https://support.google.com/mail/answer/7126229
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・使用するコマンド
メール受信、メールを送信
・使用するソフト
メール

最新ファイルを添付し、メール送信する

メールコマンドを利用して、指定した任意のフォルダの最新ファイルをメールに添付して送信するシナリオです。
サーバー情報の詳細については、社内のメール管理者様へお問い合わせください。なおメールサーバーによっては、稼働できないものもございます。GMAILで稼働させる際は、IMAP許可の設定と、アプリの許可設定を事前に実施してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・セキュリティの低いアプリの許可
https://myaccount.google.com/lesssecureapps
・IMAPの許可
https://support.google.com/mail/answer/7126229
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新のファイル・フォルダを取得、メールを送信
・使用するソフト
メール

受信メールより添付ファイルを指定フォルダに保存する

メールコマンドを利用して、指定した「件名」「送信者」「受信者」「本文」が含まれる(もしくは含まれない)メールが届いた際に、添付ファイルを任意のフォルダに保存するシナリオです。
サーバー情報の詳細については、社内のメール管理者様へお問い合わせください。なおメールサーバーによっては、稼働できないものもございます。GMAILで稼働させる際は、IMAP許可の設定と、アプリの許可設定を事前に実施してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・セキュリティの低いアプリの許可
https://myaccount.google.com/lesssecureapps
・IMAPの許可
https://support.google.com/mail/answer/7126229
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、メール受信
・使用するソフト
メール

フォルダの切り替え

指定したフォルダを開いた後、別のフォルダを開き、フォルダを切り替えて行き来するシナリオです。
サンプルシナリオでは、A アプリ・画面 最前画面を覚える・切り替え(参照ID)・切り替え(名前)を使用して切り替えています。キーボードショートカットキー:[alt+tab]でも切り替えが可能です。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、フォルダを開く、最前画面を覚える、最前画面切り替え、画面切り替え(名前)、待機(秒)、${}
・使用するソフト
なし

フォルダの移動

指定したフォルダを別のフォルダに移動するシナリオです。
「ファイル・フォルダ名の変更」コマンド内の設定で、同じ名前のファイルがあった場合、上書きする・強制終了するなど細かな設定が可能です。
※フォルダの場合、上書き設定にしても、同じ名前のフォルダが移動先フォルダに既にあるとエラーになります。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、ファイル・フォルダ名の変更、${}
・使用するソフト
なし

フォルダ内に新しいフォルダを作成し名前を付ける

指定したフォルダ内に新しいフォルダをキーボードショートカットキーを使用し作成し、任意の名前をつけるシナリオです。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、フォルダを開く(固定フォルダ名)、ショートカットキーを入力、キーボード入力(文字)、${}
・使用するソフト
なし