エクセルコマンドの値を取得を使用し、セルに数値が記入されている欄の値を取得すると、「1.0」のように、小数点以下の「.0」が追加されてしまう

バージョン1.4.1より、表示形式が標準設定のセルの値(整数)を取得した際に、小数以下「.0」部分を取得しないよう修正が行われております。
ご使用のアシロボのバージョンをご確認いただき、可能であればバージョンアップをお願いいたします。
バージョンアップが難しい場合は、記憶コマンドの計算を使用し、「-0.0」する計算を行っていただきますと、整数に直すことができます。

アシロボを起動したら「すでに起動中です」というメッセージが表示されエラーになってしまう

アシロボを画面の右上にある×印で終了し、再度起動しようとすると、このエラーが発生します。
アシロボは二重起動ができない仕様となっているため、そのようなエラーが表示されます。
アシロボを×印で消した場合は、画面下などに表示しているタスクバーの上向き三角マーク、隠れているインジケーターを表示をクリックしていただくと、その中にアシロボのアイコンがあり、そちらをクリックするとアシロボの画面が表示されます。
また、完全に終了したい場合は、この部分にあるアイコンを右クリックいただき、表示される終了をクリックいただくか、アシロボトップページの右上にある三本線メニュー内の終了をクリックしていただくことで完全終了が可能です。

アシロボ起動後、メール受信のポップアップメッセージが表示され、アシロボがフリーズ(カーソルが更新マークを表示し続ける状態)になってしまった

アシロボ起動後に予期せぬ動作(今回のようなポップアップメッセージの表示等)が発生すると、アシロボはうまく動作できなくなり、フリーズしてしまうことがあります。原因としては、メッセージなどが表示されたことで、アクティブなウィンドウがアシロボで動作したい画面ではなく、表示されたメッセージ等に移ってしまうためです。
回避策としてポップアップメッセージ等が表示されないように設定の変更をお願いいたします。
また、強制停止するには、カーソルを画面の左上角に合わせていただくことで停止させることができます。
※強制停止(緊急停止)の方法は、アシロボトップ画面、右上の三本線メニューにある一般設定より設定いただくことが可能です

アシロボでyahooビジネスセンターを操作したいが、アシロボブラウザで操作するシナリオを作成してもログイン画面から進めない

ログインボタンをクリックするシナリオを作成してもうまく動作しない場合は、次の方法をお試しください。
1)IDとパスワードを入力するコマンドの後に待機を追加する
2)ログインのページを表示した後に、URL移動コマンドを使用し、表示されているログインページのURLへ移動するという動作を入れる

別シナリオ実行コマンドを使用する際に、親シナリオ(先に実行するシナリオ)で使用している参照IDを子シナリオ(後から実行するシナリオ)に引き継ぎたい

Oデータ参照IDの継承コマンドを、子シナリオ(後から実行するシナリオ)の最初に入れていただき、引き継ぎたい参照IDを設定することで引継ぎができます。
なお、継承コマンドを使用する際は、データ参照ID、ウィンドウ参照ID、ブラウザ参照IDそれぞれで設定が必要です。

F文字抽出コマンドの「区切り文字から」を使用して改行コードを指定したい

文字抽出コマンドの「区切り文字から」で改行コードを指定することはできません。ルールにマッチコマンド、または1行ずつループコマンドを使用することで実現できます。
なお、ルールにマッチコマンドを使用する場合の「改行を指定する正規表現」は「\s」となります。
また、処理速度という点からみてのお薦めの対応方法はルールにマッチコマンドを使用する方法です。

エクセル参照IDを子シナリオへ引き継ぎたい

現在、機能開発を進めております。実装まで今しばらくお待ちください。

パスワード設定されているブックを開く

パスワード設定されているエクセルファイルを開くシナリオです。
サンプルシナリオでは、「実行中に入力」コマンドを使用し、パスワードは人が都度入力するシナリオにしています。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、ショートカットキーを入力、待機(秒)、キーボード入力(参照ID)、実行中に入力、${}

パスワードをかけて保存する

保存する際に、エクセルブックにパスワードを設定します。
サンプルシナリオでは、「実行中に入力」コマンドを使用し、パスワードは人が都度設定するシナリオにしています。
※ご使用のエクセルのバージョンによっては、ショートカットキー割付けが異なり、そのまま使用出来ない場合があります。

・キーボードショートカットキー:[alt+f] =エクセルのファイルを指定
・キーボード入力(文字):[ipe] =情報→ブックの保護→パスワードを使用して暗号化

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、ショートカットキーを入力、待機(秒)、キーボード入力(文字、参照ID)、実行中に入力、${}

テキストボックスを挿入する

キーボードショートカットキーを使用して、横書きテキストボックスの描画を設定し、文字を入力します。
※ご使用のエクセルのバージョンによっては、ショートカットキー割付けが異なり、そのまま使用出来ない場合があります。

・キーボードショートカットキー:[alt+n] =エクセルの挿入を指定
・キーボード入力(文字):[xh] =横書きテキストボックスの描画

・使用するコマンド
エクセル専用コマンド、ショートカットキーを入力、キーボード入力(文字)