ファイル名から数値を抽出(桁数制限あり)

文字列抽出(ルールにマッチ:正規表現)を使用し、取得したファイル名から指定した数値のみを抽出する。数値の桁数が固定の場合のルールにマッチ:正規表現の設定方法となります。

例:「2020年9月【アシロボ】7622100827368_DS02様_ご請求書.xlsx」ファイル名から、「7622100827368」13桁の数値を抽出

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイル・フォルダ名抽出(ファイルパス)、文字列抽出(ルールにマッチ)、アプリ起動、キーボード入力(文字)

ファイル名から数値を抽出(桁数制限無し)

文字列抽出(ルールにマッチ:正規表現)を使用し、取得したファイル名から指定した数値のみを抽出する。数値の桁数はファイルにより何桁あるか変動する場合、抽出する桁数を制限無しにしておく事で何桁でも対応が出来る。

例:「2020年9月【アシロボ】7622100827368_DS02様_ご請求書.xlsx」ファイル名から、「7622100827368」13桁の数値を抽出

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイル・フォルダ名抽出(ファイルパス)、文字列抽出(ルールにマッチ)、アプリ起動、キーボード入力(文字)

対象フォルダの最新ファイルの更新日時とファイルサイズを取得する

対象ファイルの更新日時とファイルサイズを記憶し書き出します。更新日時は日付形式を、ファイルサイズはサイズ単位を設定する事が可能です。
ファイル更新日時を記憶コマンド内の「日時形式」設定で、好きな表示形式を選択することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、ファイル更新日時を記憶、最新ファイル・フォルダを取得、ファイルサイズを記憶、アプリ起動、キーボード入力(文字)、${}
・使用するソフト
なし

ダウンロードした最新ファイルのファイル名を変更する(フルリネーム)

指定したフォルダ内の最新ファイルを、「ファイル・フォルダ名を変更」コマンドを使用してファイル名を変更します。
変更するファイル名には、拡張子「.csv .xlsx .pdfなど」の設定まで必要となります。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイル・フォルダ名を変更、${}
・使用するソフト
なし

ダウンロードした最新ファイルを参照IDを記憶し移動する

指定したフォルダ内の最新ファイルを別のフォルダに移動するシナリオです。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダ名を取得、ファイルを移動(参照ID)、${}
・使用するソフト
なし

最新ファイルを添付し、メール送信する

メールコマンドを利用して、指定した任意のフォルダの最新ファイルをメールに添付して送信するシナリオです。
サーバー情報の詳細については、社内のメール管理者様へお問い合わせください。なおメールサーバーによっては、稼働できないものもございます。GMAILで稼働させる際は、IMAP許可の設定と、アプリの許可設定を事前に実施してください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・セキュリティの低いアプリの許可
https://myaccount.google.com/lesssecureapps
・IMAPの許可
https://support.google.com/mail/answer/7126229
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新のファイル・フォルダを取得、メールを送信
・使用するソフト
メール

ダウンロードした最新ファイルに参照IDで記憶した名前を追記する

指定したフォルダ内の最新ファイルに予め取得しておいた文字列を追加するシナリオです。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
最新ファイル・フォルダ名を取得、参照IDをファイル名の先頭に
・使用するソフト
なし

ダウンロードした最新ファイルの先頭に文字列を追記

指定したフォルダ内の最新ファイルのファイル名の先頭に任意の文字を追加します。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダ名を取得、文字をファイル名の先頭に、${}
・使用するソフト
なし

ダウンロードした最新ファイルの先頭に日付を追記

指定したフォルダ内の最新ファイルのファイル名の先頭に日付を追加します。ダウンロードしたファイルに当日の日付を付け、毎日ファイルを保存する業務などに利用できます。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダ名を取得、日付をファイル名の先頭に、${}
・使用するソフト
なし

ダウンロードした最新ファイルを移動

ダウンロードした最新ファイルを移動します。フォルダ内にあるファイルの中から更新日時が一番新しいファイルを移動したいフォルダに移動することができます。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダ名を取得、ファイルを移動(参照ID)、${}
・使用するソフト
なし