データ参照IDに記憶した値をエクセルへ貼り付けたい

キーボードコマンド内の文字入力(データ参照ID)や、同じくキーボードコマンドの文字を使用し、${ }で入力したいデータ参照IDを引用することで入力ができます。

別シートを作成してセルをコピペする

保存してあるエクセルファイルを開き、エクセル専用コマンドを使用し指定のセルの値をコピーして、新しいワークシートを作成し、コピーした値を貼り付けます。
エクセル専用コマンドを使用することで、キーボードショートカットキーにてセルの値をコピー、新しいワークシートを作成、値を貼り付けとするより圧倒的に速く、動作させることが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、${}
・使用するソフト
エクセル

文字入力(貼り付け)

任意の文字を貼り付けます。通常の文字入力と違い、文字をまとめて貼り付けるため、時間短縮につながります。
サンプルシナリオでは、

こんにちは!
アシロボです。
宜しくお願い致します。

今日もたくさんの業務を自動化していきましょう!
まずは、どの業務から登録していきましょうか?

これら文章を、改行設定など含め、まとめて貼り付けします。

・使用するコマンド
アプリ起動、キーボード入力(貼り付け)

数式の計算結果を値で貼り付ける

エクセルの関数を使って数値を表示しているセルをコピーし値として貼り付けます。

・キーボードショートカットキー:[ctrl+alt+v] =形式を選択して値を貼り付ける
・キーボード入力(文字):[v] =値を選択

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、ショートカットキーを入力、キーボード入力(文字)、${}
・使用するソフト
エクセル