Windowsアクセサリー:切り取り&スケッチアプリで画像を切り取り、貼り付ける

「切り取り&スケッチ」アプリをキーボードショートカットで起動し、マウス移動:座標(ドラッグ&ドロップ)と組合せ、画像を切り取り、ペイントアプリに貼り付けまでを行います。

・使用するコマンド
ショートカットキーを入力、マウス移動(座標)、現在位置からドラッグ&ドロップ(座標)、待機(秒)、アプリ起動

アシロボを起動したら「すでに起動中です」というメッセージが表示されエラーになってしまう

アシロボを画面の右上にある×印で終了し、再度起動しようとすると、このエラーが発生します。
アシロボは二重起動ができない仕様となっているため、そのようなエラーが表示されます。
アシロボを×印で消した場合は、画面下などに表示しているタスクバーの上向き三角マーク、隠れているインジケーターを表示をクリックしていただくと、その中にアシロボのアイコンがあり、そちらをクリックするとアシロボの画面が表示されます。
また、完全に終了したい場合は、この部分にあるアイコンを右クリックいただき、表示される終了をクリックいただくか、アシロボトップページの右上にある三本線メニュー内の終了をクリックしていただくことで完全終了が可能です。

起動後に表示される「編集を有効にする」ボタンを押す

起動後に表示される「編集を有効にする」「コンテンツを有効化する」ボタンをキーボードショートカットキーを使用し解除するシナリオです。
「保護ビュー」画像をキャプチャしておき、「保護ビュー」画像が出現すればボタンを押す、出現しなければ何もしない、という画像の分岐シナリオになっています。インターネットからダウンロードしたエクセルファイルは「保護ビュー」状態になっているため、このシナリオを追加しておくと、エラーを回避できます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、画像出現を待つ、ショートカットキーを入力、待機(秒)、${}
・使用するソフト
エクセル

電卓を起動し計算する

アプリ起動から電卓を起動し、計算を行い計算結果をメモ帳に書き出します。
※エクセル内で計算をする、ロボット動作一覧 E 記憶「計算」コマンドでも計算が可能ですが、ここでは、電卓を使用してのサンプルシナリオを紹介しています。

・使用するコマンド
アプリ起動、キーボード入力(文字)、ショートカットキーを入力
・使用するソフト
電卓