保存済みエクセルを開いて値を編集

保存されているエクセルファイルを開き、セルを指定して値の入力や計算を行います。エクセル専用コマンドのセル値を入力では、エクセルのタブ・改行区切りを使用することで、1セルずつ値を入力するのではなく、一度に複数のセルに値を入力する事が出来ます。
キーボードショートカットキーにてセルの値を入力とするより、圧倒的に速く動作させることが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報、文字)、エクセル専用コマンド、計算結果を記憶、${}

新規ブックを開いて保存

エクセル専用コマンドを使用し、新しくエクセルブックを開き、指定のセルに文字を入力後、指定のフォルダにエクセルファイルを保存するシナリオです。
エクセル専用コマンドを使用することで、キーボードショートカットキーで動作設定するよりも、圧倒的に速く動作させることが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、${}

対象フォルダ内の更新日時が2番目に新しいファイルを開く

指定したフォルダ内の更新日時が2番目に新しいファイルを開きます。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイルを開く(参照ID)、${}

対象フォルダ内の作成日時が2番目に新しいファイルを開く

指定したフォルダ内の作成日時が2番目に新しいファイルを開きます。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイルを開く(参照ID)、${}

対象フォルダ内の更新日時が1番古いファイルを開く

指定したフォルダ内の更新日時が1番古いファイルを開きます。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイルを開く(参照ID)、${}

対象フォルダ内の作成日時が1番古いファイルを開く

指定したフォルダ内の作成日時が1番古いファイルを開きます。
最新ファイル・フォルダを取得コマンド内の「確認基準」「何番目」の設定を変更することで、好きな基準・順番でファイルを記憶することが出来ます。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、最新ファイル・フォルダを取得、ファイルを開く(参照ID)、${}

.txtファイルをエクセルから開く

テキストファイルをエクセルから開き、テキストファイルウィザードを使用しデータファイル形式を指定して開きます。サンプルシナリオはカンマ区切りです。
※ご使用のエクセルのバージョンによっては、ショートカットキー割付けが異なり、そのまま使用出来ない場合があります。

・キーボードショートカットキー:[alt+f] =エクセルのファイルを指定
・キーボード入力(文字):[oo] =参照からファイルを開く

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、エクセル専用コマンド、ショートカットキーを入力、キーボード入力(文字)、繰り返し、待機(秒)、${}
・使用するソフト
エクセル

フォルダを開く

指定したフォルダを開きます。
※E 記憶 環境情報コマンドと組み合わせて使用すれば、C:\Users\${ユーザ名}\Documents\assirobo_demo のように端末毎に可変する設定情報にも対応ができ、シナリオのエクスポート/インポートの際に修正作業が無く非常に便利です。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、フォルダを開く、${}
・使用するソフト
なし

日々追加されていくフォルダを開く

毎日、日付名「yyyymmdd」で作成されるフォルダを開くシナリオです。
サンプルシナリオでは、日付を記憶コマンドと${}を組み合わせることで、毎日日付を書き出し、その日の対象フォルダを開きます。

例:
C:\Users\${ユーザ名}\Documents\assirobo_demo\${yyyymmdd}  ←実行日の日付

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報、文字)、日付を記憶、フォルダを開く(固定フォルダ名)、${}
・使用するソフト
なし

ファイル名を都度指定して開く

開きたいフォルダ内にあるフォルダとファイルをシナリオ実行の際に指定してファイルを開くシナリオです。
実行中に入力コマンドを使用することで、その都度、人が、フォルダ名やファイル名を指定したい場合に使用できるサンプルです。

・使用するコマンド
データの記憶(環境情報)、実行中に入力、ファイルを開く(ファイル名)、${}
・使用するソフト
なし